いつでも初心

データベースやプログラミングを中心に。

DBGridに抽出データを表示してみる

【環境】
 ・Delphi 10.2 Tokyo Professional
 ・PostgreSQL 10.0(64bit)
 ・psqlODBC 09.06.0500(32bit)
 ・Windows 7 Professional(64bit)
 ※FireDAC C/S Packはありません。


デザイン時の画面において
フォーム上に貼り付けたDBGridコントロール
PostgreSQLに対して投げたSQLの抽出内容を
設定でサクッと表示してみましょう。
過去関連記事は最下部をご覧ください。

フォームへの配置

f:id:tmts:20171008220751p:plain


■FDPhysPgDriverLink1:TFDPhysPgDriverLink

プロパティ設定値
VendorLiblibpq.dllのフルパスを指定

  今回はpsqlODBCのlibpq.dllパスを指定します。


■FDConnection1:TFDConnection
  ※接続エディタによる設定部分は割愛します。(過去記事参照)

プロパティ設定値
ConnectedTrue


■FDQuery1:TFDQuery

プロパティ設定値
ActiveTrue
ConnectionFDConnection1
SQLSQL文を指定

  SQLはselect * from deptと設定してみました。


■DataSource1:TDataSource

プロパティ設定値
DataSetFDQuery1


■DBGrid1:TDBGrid

プロパティ設定値
DataSourceDataSource1



全て設定した時点で
グリッドに抽出結果が表示されます。

f:id:tmts:20171008221508p:plain





【関連記事】
tmts.hatenablog.jp
tmts.hatenablog.jp