いつでも初心

データベースやプログラミングを中心に。

FireDAC 接続エディタでPostgreSQL 10.0への接続確認

【環境】
 ・Delphi 10.2 Tokyo Professional
 ・PostgreSQL 10.0(64bit)
 ・psqlODBC 09.06.0500(32bit)
 ・Windows 7 Professional(64bit)
 ※FireDAC C/S Packはありません。


FireDACの接続エディタで、PostgreSQLへの接続を簡単に確認したいと思います。
データベースおよびpsqlODBCはローカルマシンにインストールしておきます。

1.フォームの準備

f:id:tmts:20171007012603p:plain

フォームに以下を貼り付けます。
・TFDConnection(FireDAC 内)
・TFDPhysPgDriverLink(FireDACLinks 内)

2.TFDPhysPgDriverLinkのプロパティの設定

f:id:tmts:20171007012528p:plain

psqlODBCのインストール先を今回は「D:\PostgreSQL\odbc_09_06_500_32bit」としているので、
その2階層下の「libpq.dll」を指定します。
※32bit版を使用しています

3.TFDConnectionの接続エディタでの設定

f:id:tmts:20171006230637p:plain

・ドライバID:PG
・Database:oradb(各々のPostgreSQLにおける接続したいデータベース名)
・User_Name:scott(各々のデータベースのログインユーザー名)
・Password:tiger(各々のデータベースのログインパスワード)
・Server:127.0.0.1(Pro版なので、ローカルの設定としています)

4.テスト

f:id:tmts:20171006233350p:plain

「テスト」ボタンを押下後、必要事項を入力して「OK」を押下します。


f:id:tmts:20171006232132p:plain

接続が成功したら、一安心です。

5.SQL スクリプトでの確認

f:id:tmts:20171006232414p:plain

PostgreSQLに対しSQLを投げ、結果が返ってくることも
確認できました。